キーパンチャーの仕事に即使える質問と答え

質問フォーム

個人的には、働くうえで業務内容こそが最も気になる部分です。キーパンチャーなんかも特にそうです。それと、勤務地となる街のことを気にする方も多いかもしれません。交通の便はどうなのか、ランチ事情はどうなのか、気になってしまうポイントは多いですから。あと、福利厚生なんかもやはり気になるポイントのひとつに数えられますよね。どんな雇用形態にせよ、福利厚生が充実しているに越したことはありません。これら仕事の気になるポイントを解消するためにも、是非こちらのサイトをご活用ください。

過去話題になったクエスチョン

異業種に転身された方で、転身を実行する前にしておいた方がいいと思うことはありますか?〔キーパンチャーの仕事に関連した質問〕

栃木県 大豆大砲(23歳)

A.新しい会社に入った後の所得シミュレーションかな。

苫小牧市 YOSHIKA (34歳)

A.その仕事がリアルに自分の思っているものとマッチしているか調べておくことです。

東大和市 エルボー (51歳)

A.辞職後のストレス解消や仕事選びにかける期間など予定を立てておいたほうがいいと思うよ。

奈良県 イーヴ (49歳)

A.現在の業務に未練はないか再確認。

鳥取県 限定版バックブリーカー (30歳)

A.何を願って転職するのか詳細にしておくことだと思いますね。

山形県 ベイビースミレ (非公開)

A.経験者の話を聞くと良いと思うなぁ。

宮城県 花のスペアリブ (46歳)

A.志望する作業の技術を上昇させることでしょうか。

土岐市 ゴールキーパー (28歳)

A.事前に必要最低限の知識はマスターしておいたほうがいいと思います。

埼玉県 アフガン・ジェリー (39歳)

A.志望動機を詳細にして受け答えできるようにしたほうがいいと思いますね。

北海道 ビリー (41歳)

A.その業界について、少しでも知識をつけておくことですね。

富山県 完全無欠のショーン (32歳)

キーパンチャーをする前にまず最初に考えたいのが今の職場に籍を置きながら転業先を決めるか、それともフリーの身になったうえで転業先を決めるかです。それは経済力や年、従来の職歴と志望する分野などを考慮すると、自然にどちらが自分にとって有利かが判明すると思います。また、面接でも自己PRは大切なものです。一番最後にある志望先である企業に対する逆質問も、熱意を主張することが出来ます。面接中に明瞭にならなかった点や、面接の前に調べたことでわからずじまいだった点を詳しく聞くことも重要です。

このページの上へ